1bitTIFF【ワンビットティフ(いちビットティフ)】

「1bitTIFF(ワンビットティフ、いちビットティフ)」は、リッピング(RIP=ソフト上の製版処理)を行ったスクリーニング済みのTIFFデータのこと。通常は、ページ面付けが行われた出力直前の最終データである。

階調は網点(スクリーン)になっており、例えばカラーの場合はCMYKそれぞれのスクリーニング済みのデータが作成される。1bitTIFFは従来工程におけるフィルムのようなもので、印刷会社ではこのデータを置版として保管する。版に修正が発生した場合は、従来のフィルムでは切り貼りで行っていた作業を、専用ソフトを使ってデータ上で行う。

1bitTIFFはスクリーニング済みの最終データなので、エラーが起こらず、出力サイドに依存しない点がメリットとしてあげられる。

この記事をシェアする