ドライダウン【ドライダウン】

上質紙などの非塗工紙やマットコート紙など平滑性が低い用紙に印刷する際、印刷時にはきれいに刷られていても、時間がたってツヤがなくなり、濃度がおちて色がくすんで見えることがある。このような現象をドライダウンという。

印刷してから時間がたつと、溶剤が紙に浸透することにより、インキ表面の膜厚が薄くなる。そのため、印刷直後よりも印刷濃度が薄くなって見える。はじめから印刷濃度を上げて印刷を行うなどの対応をとるが、その場合も裏付きなどの別のトラブルが発生するおそれがある。上質紙やマットコート紙などでは、ドライダウンは避けられない現象なので、事前にお客様の了解をとっておくことが必要だ。

この記事をシェアする