スクリーン角度(アミ角)【すくりーんかくど(あみかく)】

アミ角ってなに?

 カラーの印刷物は、シアン・マゼンタ・イエロー・ブラックの4色(CMYK)で印刷されており、各版の網点の大きさや角度を変えることで様々な色や濃淡を表現している。

 2色以上の色を使って印刷する場合、「モアレ(ロゼッタ)」が発生する。網点角度が平行に近づくほどモアレが大きくなりやすいため、それぞれの網点角度をできるだけ目立たない角度に離すようにする。いちばんモアレが出にくいとされている角度はお互いが30°離れたときといわれている。

 4色で印刷する場合、シアン15°マゼンタ75°イエロー0°ブラック45°に網点角度を振り、モアレを最小限におさえるのが一般的である。ただし、この角度で必ずモアレが出ないというわけではなく、肌もの中心の仕事では肌への影響を考え、シアン15°マゼンタ45°イエロー0°ブラック75°に振る場合もある。

うっかりしがちな2色のアミ角

 うっかりしがちなのが2色印刷のケース。スミ+黄色などの刷り色であれば、スミが強いためにモアレは起こりにくいが、データをC版とY版で作成し、刷り色も青+黄色だとした場合、なんにも考えずに上記アミ角でまわすとC15°、Y0°とモアレが出やすいアミ角になってしまう。かけあわせで表現がある場合はRIP側でアミ角を振り直してやる必要がある。

この記事をシェアする