線数【せんすう】

印刷では、写真などの階調を網点で再現している。画像や平網などは製版時にスクリーン処理(網点化)を行い、印刷に適した版を作成する。

線数とはスクリーン線数のことをいい、1インチに印刷のドットの線が何本並ぶかを表している。多ければ多いほど、目の細かい印刷になる。コート紙などにカラーで印刷する場合は、線数は通常175線で指定する。美術書などは線数を300線程度まで上げて印刷する場合があり、このような印刷を高精細印刷とよんでいる。

線数をが高ければ高いほどきれいな印刷物ができると思いがちだが、さにあらずで、書籍のように非塗工紙に印刷する1色の本文などは線数をむやみに上げず133線程度で指定する。非塗工紙はインキをよく吸収して網点が太る。線数を高くすると、網点同士がつながって絵柄などがつぶれてしまい、かえってきたない印刷物になってしまうからだ。

元画像
元画像
175線(拡大)
175線(拡大)
100線(拡大)
100線(拡大)
この記事をシェアする