束【つか】

書籍の背幅のことを「束(つか)」とよぶ。装丁を行う際は、実際に使用する用紙を使って事前に「束見本」というサンプルを作り、背幅を出した上でデザインを行う。カバーや表紙は背幅を考慮して作らないと、製本時に小口側の絵柄が足りなくなったり、背のデザインが表紙側に回りこんでしまったりする。

ページ数が少なくても束を出すためには、「嵩高(かさだか)」の用紙を使って本文を印刷する。嵩高用紙は紙の繊維間の結合がゆるいので、厚いのに軽い。束が厚い書籍でも、重さは軽く仕上がる。

この記事をシェアする