PP貼り【PPばり】

書籍のカバーや表紙には、耐久性を持たせるために印刷後にPP(ポリプロピレンフィルム)を貼ることがある。

PP貼りを行うと、加工前と見た目の色が変化する。光沢PP(クリアPP)を貼ると、加工時の熱の影響で赤っぽさが増したように見え、つや消しPP(マットPP)を貼ると、光の乱反射の影響で、色が白けて見える。
仕上がりの色味を重視する印刷物の場合は、事前にPPを貼った状態で色校正を行う。

PP貼り加工のトラブルとしては、印刷されたインキが十分に乾いていない状態で加工を行ったり、スプレーパウダーが多すぎる場合に、印刷面とフィルムの間に気泡ができたり、フィルムがはがれやすくなるというものがある。
また、PP貼りを行った後に金箔押し加工をする場合があるが、金箔押し加工用のフィルムを使わないと金箔がはがれてしまうので、事前に相談しておくことが必要。

この記事をシェアする